パパさん必見!!親子で楽しむ「読み聞かせ」のメリットをご紹介

2020.5.13 子育て

パパさん必見!!親子で楽しむ「読み聞かせ」のメリットをご紹介

#知育#教育#子供の遊び

 
「子どもには、心(精神的)の面でも充実した将来を過ごしてもらいたい」と願うのが親心です。

 今回の記事では、読み聞かせのメリットなど耳寄りな情報を3つの要点にまとめてお伝えします。


メリット1: 親子でのコミュニケーションができる


 
 コロナ禍の前は、残業などで毎日疲れて帰宅し、子ども達の寝顔しか見られていなかったというパパさんにも朗報です。

コロナ禍の影響がいつまで長引くのかは誰にもわかりませんが、今は外出自粛や休業要請の関係で自宅待機で過ごされているパパさんも多いのではないでしょうか?

お子さんが休園や休校により自宅学習を余儀なくされている今、親子で読み聞かせの時間を楽しく共有する絶好のチャンスです。
 
親子のコミュニケーションが希薄になったといわれる現代だからこそ、”読み聞かせ”の時間は大切にしたいものです。

子どもたちの興味に合わせて選んだ本をもとにして、パパさんの膝の上で子どもさんに読み聞かせをすると自己肯定感を養う”スキンシップ”も生まれて喜ばれること間違いなしです。スマホやテレビから一旦離れて、本の中の世界に親子でどっぷりと浸かりましょう。

メリット2: 相手の感情を受け入れる力を養う



 人間が人間らしくあるためには、自分自身の喜怒哀楽の感情表現を的確に行うことが大切ですが、同時に相手の喜怒哀楽の感情表現を受けいれるだけの知性が必要になります。

幼いころから、本の読み聞かせを通して人間の感情の機微を知っていくことが、将来的には良好な人間関係の構築に繋がるので、「そうだ!親子で読み聞かせを楽しもう!」と思い立ったが吉日とばかりに早速始めちゃいましょう。

このコロナ禍のもとでは「(国内、海外問わず)旅に出ます」というのは難しいですが、本の中の世界の旅であれば誰にも邪魔されることはありません。

安心して「Have a nice trip!(良い旅を!)」

メリット3: 集中力を養うことができる 



 今は大人として生きている私たちも、かつては子ども時代を過ごしてきました。

私たちは成長するにつれて生活の中のあらゆる場面で集中力に緩急の調節が求められます。

子ども時代は、たった15分の時間であろうとも集中が難しかったりするものです。子ども時代から集中力のトレーニングとして有効な方法の一つが、「読み聞かせ」なのです。

最初は1ページだけ読む段階から始まって、徐々に時間を伸ばし、分量を増やしていくことで、それぞれのお子さんの発達の段階に合わせて集中力の強化を図ることができます。

まとめ


 
読み聞かせは、本来は親子一緒に心の底から楽しむものです。
お子さんの興味の方向性を的確に把握し、お子さんとのかけがえのない時間を最高に楽しまれることをお祈りします。
 

cocoas kids CONTENTS