子どもの習い事に英会話をオススメする理由~英語を話すことで性格も変わる?

2018.11.9 子育て

子どもの習い事に英会話をオススメする理由~英語を話すことで性格も変わる?

#乳児#幼児#0歳児#1歳児#2歳児#3歳児#4歳児#5歳児#6歳児#保育園#幼稚園#教育#習い事#小学校#英語



●英語教育についての新たな発見!



こんにちは!

近ごろは、お子さんの英語・外国語教育や
習い事としての英会話について
記事内で触れさせていただいておりますが…

このたび 英語学習について
新たな発見がありましたので、
飽くまで個人的な意見ではありますが
少し 触れさせていただきたく思います!!


●英会話を習うとコミュニケーション力が上がる!?



子どもに英語教育・外国語教育を施すにあたって
私自身 様々な事柄を調べてきましたが
その中で感じたことが、

「英語で話した途端、性格が変わる人がいる!」

ということ。
筆者にとっては、驚きの事実です!

日本人は、どちらかと言えば「空気を読む」タイプ、
奥ゆかしく自己主張が強くないタイプの人が
多いように思いますが

そういう人たちが、英語で会話をした瞬間に
はっきりとモノを言い、主張し、オープンになる…

そんな現象に 遭遇したのです♪

では、それは何故なのでしょうか?
筆者なりに 分析してみました。


●互いの違いを伝え合い、認め合う・理解することの大切さ



「英語を習う」ということを、

ただ学校の教育を受ける過程で
英単語や文法を暗記したり
テストに出る内容について学んだりするだけだと
当然、それだけで終わってしまいますが…

本格的な英語、英会話を
コミュニケーションツールとして身につけた人は

対人能力がグンと上がるように 筆者は感じたのです!

先ほど「日本人は空気を読むタイプが多い」と
記述させていただきましたが、
外国では 考え方も価値観も多種多様で
その中でいちいち「空気を読む」なんてことはしません。

寧ろ外国の人々は お互いの違いを伝え合い、
理解することから、コミュニケーションを
始めているような気がしました☆

それで…何故英語を話せると対人能力が上がるかというと

「英会話」というスキルは
「ただ英語を話す」というだけの能力ではなく

「英語を通じて、多種多様な人々と交流できる」
「どんな相手にでも自己主張が出来る」能力に
つながっているからではないか?

…というのが 筆者の結論です!
(飽くまで個人的な意見ですよ!><)


●英語は「YES」「NO」がはっきりしている



また、英語の特徴として「YES」「NO」という
自分の意見の「結論」を最初に伝える…
ということが挙げられると思います。

日本人の話し方は、どちらかと言うと

「私は○○で、××だから…△△で、……
(中略)それは出来ます(出来ません)」

といった感じで「理由」から話し
「結論」を最後に言うことが多い気がします。
しかし、これが英語になると…

「出来ます! 何故なら私は…」

という風に結論を最初にバシッと言ってしまいます!

その結果、英語を話している時は
断定的でオープンな人格になるのではないか?
とも 筆者は感じました^^


●お子さんにも「スキルのひとつ」として英会話を是非



我が子が将来、グローバルな視野をもって
国際的な場や海外にまで活躍の場を広げるかどうか?

そこに重きを置くのも、勿論良いかと思いますが

そんなことまではまだ考えていない…というパパ・ママにも
習い事や教育の一環として 英会話はとてもオススメ!

前述のような効果で、子どもが英会話を習ううちに
明るくオープンな、物怖じしない性格になる…
かも、しれませんよ♪

お子さんの早期英語教育に興味をもたれた方は
以下の記事も 参考にどうぞ!

「子どもが英語・外国語を習い始めるのにベストな時期・適した年齢をお教えします!」

「自分の子どもに英語への興味をもたせる方法をお教えします!~早期英語教育の第一歩」

「英語教育の時代…子どもが「楽しい!」と思える英会話スクールの選び方をご紹介!」