食べ過ぎてしまって弱った胃腸に!秋にこそ「夕食断食」がおススメ

2019.11.6 健康・美容

食べ過ぎてしまって弱った胃腸に!秋にこそ「夕食断食」がおススメ

#健康#美容

食欲の秋になりましたね。

私も1か月ほど前は、腹八分目を意識して食べていましたが
近頃は食欲に逆らえずたくさん食べてしまう時期が続きました。

そんな食べ過ぎた時の胃腸は、疲れてきているころだと思います。



そんな時にやりたいと思っていたのがこの「夕食断食」です。

夕食断食とは?



疲れた胃腸を休めるパワーのあるのが「夕食断食」。

なぜ胃腸が休まるのかというと、空腹時は胃腸が収縮して掃除をしてくれるから!

その収縮を感じられるのは、お腹が減った時にはお腹がグーっと鳴るとき。

グーっと鳴っている時は、実は胃腸をお掃除している時なのです。

この夕食断食は、毎日する必要はなく、一度1週間続けられたら

そのあとは胃腸の調子が悪いなと思った時に1日だけ、という使い方をしても良いです。

夕食断食をするために気を付けたいポイントは?



★断食開始の時間は、寝る8時間前!

食事が始まって8時間するとようやく胃腸の掃除が始まります。

寝ると胃腸の活動は止まってしまうので、
「寝る8時間前まではカロリーがある固形物は食べない」
というのがポイントです。

しかし、寝る8時間前でもカロリーのない水分はOKです!

なかなか最初は、8時間耐えるのは難しいと思います。

そこで、固形物の入っていないスープや酸味のある梅こぶ茶などを飲むのもおすすめです。

★女性は、「生理後」がベストタイミング!

生理の際は、快調になる方も多いですよね。(私もそのタイプです。)

生理が終わると、女性は生まれ変わるともいうくらいです。

生理後に一週間、夕食断食をするのが一番効果的だと言われます。


★夕食断食後は、胃に優しい和食を

大腸には、栄養が入っていなかった状態なので、悪玉菌と善玉菌が一時的に弱っています。

そこで、善玉菌を活発にするには、納豆、玄米がゆ、煮物(野菜)などを朝に摂取するのが良いです。


いかがでしたでしょうか。
過食の時代、食べるものはあるのに栄養失調になる時代の今、
自らが健康に気をつかうことが何より大事です。

夕食断食を提唱する堀江 昭佳さんは、漢方薬剤師で、不妊カウンセラー。
出雲大社の老舗漢方薬局の4代目の方です。
最近また「血流がすべて整う食べ方」という著書を出版されているそうです!

気になる方はそちらもぜひ!